2020.11.22 19:21

鉄壁の陳夢が頂点守る「2-1となり自信が出た」/卓球

鉄壁の陳夢が頂点守る「2-1となり自信が出た」/卓球

 卓球の世界ランキング上位で争う国際卓球連盟(ITTF)ファイナル最終日は22日、中国の鄭州で決勝が行われ、女子は世界1位の陳夢(中国)が同5位の王曼●(=日の下に立)(中国)を4-1で下した。

 女子は26歳の陳夢が驚異的なラリー力を見せて頂点を守った。準決勝で伊藤(スターツ)に快勝した21歳の王曼●(=日の下に立)に厳しいコースを突かれても、フォアとバックを使い分けて鉄壁の守りで対応。1-1の第3ゲームで11-12から逆転して挑戦者の戦意をくじき「2-1となり自信が出た」と誇らしげに語った。

 8カ月ぶりの国際大会となった直前の女子ワールドカップ(W杯)から2連勝と最強を証明した。「卓球を再開することができて素晴らしい」と選手の思いを代表するように話した。(共同)