2020.11.22 07:30

【藤島親方のこの一番】照ノ富士、守りに入らず志摩撃破

【藤島親方のこの一番】

照ノ富士、守りに入らず志摩撃破

志摩ノ海(右)を寄り切りで下した照ノ富士= 両国国技館(撮影・榎本雅弘)

志摩ノ海(右)を寄り切りで下した照ノ富士= 両国国技館(撮影・榎本雅弘)【拡大】

 大相撲11月場所14日目(21日、両国国技館)照ノ富士は立ち合いから右が入って下手を取ると、動き回る志摩ノ海を封じて左上手も取って頭をつけて寄り切った。いい内容だった。相手によって考えた相撲を取っていると感じるが、この日は守りに入らなかったことが勝因だった。

 三役に復帰し、さらに大関復帰を目指している照ノ富士だが、1差で追う貴景勝との千秋楽の取組は、勝てば優勝決定戦に持ち込める。いまは優勝しか見えていないだろう。

 勝てば優勝を決められる貴景勝は、負けたら決定戦になると思うのか、一度負けてももう一丁、決定戦があると思えるか。その気持ちの持ちようがポイントになりそうだ。 (元大関武双山)

14日目結果へ千秋楽取組へ