2020.11.22 13:21

高山勝成、プロ復帰戦の前日計量パス「世界の舞台にもう一度行く」/BOX

高山勝成、プロ復帰戦の前日計量パス「世界の舞台にもう一度行く」/BOX

 ボクシングのミニマム級で世界主要4団体の王座を獲得した実績を持つ高山勝成(寝屋川石田)が22日、プロ復帰戦となる23日のライトフライ級6回戦に向けた前日計量に臨み、リミットより300グラム軽い48・6キロでパスした。

 代理人を通じ「できることはしっかりできた。明日の試合で勝利して、世界の舞台にもう一度行く」とコメントした。試合は兵庫県の三田市総合文化センターで行われ、小西伶弥(SUN-RISE)と対戦する。小西は48・9キロで通過した。

 37歳の高山は東京五輪に挑戦するためアマチュアに転向したが、代表の座を逃し、再びプロとしてリングに上がる。