2020.11.21 20:50

王、伊藤美誠を寄せ付けず決勝へ「とてもうれしい」/卓球

王、伊藤美誠を寄せ付けず決勝へ「とてもうれしい」/卓球

準決勝で王曼●(=日の下に立)と対戦した伊藤美誠(右)=中国・鄭州(ゲッティ=共同)

準決勝で王曼●(=日の下に立)と対戦した伊藤美誠(右)=中国・鄭州(ゲッティ=共同)【拡大】

 卓球の世界ランキング上位で争う国際卓球連盟(ITTF)ファイナル第3日は21日、中国の鄭州で準決勝が行われ、日本勢でただ一人勝ち残っていた東京五輪女子代表で世界ランキング2位の伊藤美誠(スターツ)は同5位の王曼●(=日の下に立)(中国)に0-4で敗れた。

 世界5位の王曼●(=日の下に立)は伊藤を寄せ付けなかった。過去8勝2敗と分は良かったが、直近4戦で2勝2敗と競っていただけに「コロナ禍の中で厳しい練習をしてきて、特に伊藤に対して特別なトレーニングを積んできた。ストレート勝ちでとてもうれしい」と喜んだ。

 決勝は、昨年12月のグランドファイナル決勝と同様に世界1位の陳夢(中国)と当たる。「自分のベストを尽くしたい」と闘志を燃やした。(共同)