2020.11.21 07:38

SP首位のコストルナヤ、喜びより課題「練習しなければならない」/フィギュア

SP首位のコストルナヤ、喜びより課題「練習しなければならない」/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
フィギュアスケートのロシア杯で、女子SP首位のアリョーナ・コストルナヤ=モスクワ(タス=共同)

フィギュアスケートのロシア杯で、女子SP首位のアリョーナ・コストルナヤ=モスクワ(タス=共同)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、ロシア杯は20日、モスクワで開幕し、女子ショートプログラム(SP)はロシア勢で昨季のGPファイナル女王のアリョーナ・コストルナヤが78・84点で首位発進した。

 女子SP首位のコストルナヤは目立ったミスがなかった。8月にトゥトベリゼ氏からプルシェンコ氏にコーチを変更したばかりで調整が遅れており「滑りは特別満足でなく、評価が良かった。練習しなければならないことがある」と喜びよりも課題を口にした。

 各要素で質の高さを見せたが、昨季の得点源だったトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は練習で精度が低く、演目に入れていないという。「ひどい転倒をするよりきれいに演技した方がいい」と話した。(共同)