2020.11.20 19:45

志摩ノ海、善戦及ばず 初の結びも気負いなく「思い切りできた」/11月場所

志摩ノ海、善戦及ばず 初の結びも気負いなく「思い切りできた」/11月場所

志摩ノ海(左)を押し出しで下した貴景勝=両国国技館(撮影・土谷創造)

志摩ノ海(左)を押し出しで下した貴景勝=両国国技館(撮影・土谷創造)【拡大】

 大相撲11月場所13日目(20日、両国国技館)志摩ノ海は初の結び、大関初挑戦でも「緊張はしてない。思い切りできた」と気負いなくぶつかった。貴景勝の突き、押しに後退したが下からあてがって押し返す。いなしにすぐ向き直って足を前に運んだが再びいなされて体が泳ぎ、追撃の押しに屈した。

 師匠の木瀬親方(元幕内肥後ノ海)からは「頭を上げるなよ。勝ち負けは関係ないよ」と助言された。その言葉通りの相撲を取りきり、すっきりとした様子だった。

 14日目は照ノ富士との2敗対決。初優勝の可能性があることには「考えていない。あと2番、土俵でいい相撲を取りきりたい」と無欲を強調した。

13日目結果へ14日目取組へ