2020.11.19 16:20

パラ教材に短縮版「ハートのレガシーに」

パラ教材に短縮版「ハートのレガシーに」

 国際パラリンピック委員会(IPC)の公認教材「アイム ポッシブル」の内容を短縮し、新たに作成した15分版のプログラムの発表会が19日、東京都内で行われ、日本パラリンピック委員会(JPC)の河合純一委員長が「ハードのレガシー(遺産)はもうできている。教育を通じ、ハート(心)のレガシーを残していきたい」とアピールした。

 教材の映像を専用サイトでも公開し、学校だけでなく家庭でも「パラ教育」に取り組めるようにした。全盲のスイマー、木村敬一(東京ガス)の動画を視聴したスポーツ庁の室伏広治長官は「障害をものともせず挑んでいく姿を知ることができ、素晴らしい学びの機会になる」と歓迎した。