2020.11.15 17:34

東京、女子3枠目は八王子実践 6年連続切符/春高バレー

東京、女子3枠目は八王子実践 6年連続切符/春高バレー

特集:
熱戦!春の高校バレー
開催地代表となり笑顔を見せる八王子実践の選手ら=15日、駒沢体育館(撮影・松井英幸)

開催地代表となり笑顔を見せる八王子実践の選手ら=15日、駒沢体育館(撮影・松井英幸)【拡大】

その他の写真(1/4枚)

 「春の高校バレー」として開催される第73回全日本高校バレーボール選手権大会(サンケイスポーツなど主催)の地区大会は15日、東京、神奈川など1都8県で決勝などが行われた。男女各3校が出場権を得る東京では女子の準決勝で勝利した文京学院大女、共栄学園に続き、3位決定戦で下北沢成徳を2-1(25-16、22-25、25-19)で下した八王子実践が、6年連続43度目の全国切符をつかんだ。

 八王子実践のエース、大川愛海主将(3年)は「(コロナ禍で)バレーボールができることは当たり前ではないとわかった。サポートしてくださる方への恩返しになるプレーをしたい」と本大会での活躍を誓った。

 本大会は東京体育館(東京・渋谷区)で来年1月5日に開幕する。