2020.10.25 19:26

三輪颯太「考える力ついた」 200メートルでも頂点/陸上

三輪颯太「考える力ついた」 200メートルでも頂点/陸上

男子200メートル決勝 20秒88で優勝した西武学園文理・三輪颯太。100メートルとの2冠を達成した=エディオンスタジアム広島

男子200メートル決勝 20秒88で優勝した西武学園文理・三輪颯太。100メートルとの2冠を達成した=エディオンスタジアム広島【拡大】

 陸上の全国高校大会最終日は25日、エディオンスタジアム広島で行われ、男子200メートルは三輪颯太(埼玉・西武学園文理)が20秒88、女子は石川優(神奈川・相洋)が23秒82で制し、ともに100メートルとの2冠に輝いた。

 前日に男子100メートルを制した三輪は自信をつかんでいた。「優勝できたのだから、100メートルは速いということ。序盤にがっつりいく」と前半を重視し、200メートルでも頂点に立った。

 特定のコーチを付けずに日本トップレベルまで上り詰めた山県亮太(セイコー)が憧れの存在。今季は新型コロナウイルス禍により、単独練習の期間が3カ月ほど続き「自分で考える力がついた」。トラックを離れている間に体幹を鍛え、フォームがぶれなくなった。

 今大会前も定期テストのため、独りで最終調整したが「急に何もできなくなることはなかった。うまく仕上げられた」と成長を実感していた。