2020.10.21 07:30

【専門家の目】石塚宏一氏「最先端の攻撃手法を踏まえ、第三者にセキュリティー診断を」

【専門家の目】

石塚宏一氏「最先端の攻撃手法を踏まえ、第三者にセキュリティー診断を」

特集:
東京五輪競技ニュース
FBIがウェブサイトで公開したGRUのハッカー6人

FBIがウェブサイトで公開したGRUのハッカー6人【拡大】

 【ロンドン19日(日本時間20日)】東京五輪がサイバーテロに狙われた。英政府は今夏に開催予定だった東京五輪・パラリンピックを標的として、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)がサイバー攻撃を仕掛けていたと発表した。

 ◆サイバー攻撃への対策などを手掛ける情報セキュリティー会社「アスピレイション」の石塚宏一社長

 「サイバー攻撃に関して、特定の組織を狙った標的型攻撃などを含め、従来の防御策では防ぎきれないケースが増えている。今後も来年の五輪に向けた組織的サイバー攻撃として、(相手のシステムやデータを勝手に暗号化する)ランサムウェア、知的財産や個人情報の漏洩(ろうえい)・消去、金融資産の盗難、そしてインフラへの攻撃などが考えられる。対策は、最先端の攻撃手法を踏まえたセキュリティー診断をシステムベンダー(供給者)ではない第三者に定期的に実施してもらうことに尽きる」