2020.10.19 05:00

白鵬、復活へ強度上げ稽古「不安なくなってきた」

白鵬、復活へ強度上げ稽古「不安なくなってきた」

特集:
白鵬
稽古で汗を流す横綱白鵬。手前は霧馬山=18日、両国国技館の相撲教習所

稽古で汗を流す横綱白鵬。手前は霧馬山=18日、両国国技館の相撲教習所【拡大】

 大相撲11月場所(8日初日、両国国技館)へ向けて出稽古が解禁され、希望者を対象とした異例の合同稽古3日目が18日、東京・墨田区の国技館内の相撲教習所で実施された。

 2場所連続休場からの再起を目指す横綱白鵬は、8月に内視鏡手術を受けた右膝の調子を確かめながら、前日よりも踏み込みの強度を上げた。幕内霧馬山を相手に慎重な寄りや豪快な首投げなどもみせた。「重さも出てきた。だんだんと不安がなくなってきた」と、20日から申し合いも予定する。連日、大関2人の激しい三番稽古をみて、「まだペースを上げるのは早いと思うが、自分たちの持ち味を出している」と視線を送った。