2020.10.17 20:41

大橋、故障に悩ましげ「うまく付き合いながら泳ぐ方法を探している」/競泳

大橋、故障に悩ましげ「うまく付き合いながら泳ぐ方法を探している」/競泳

女子400メートル個人メドレー決勝、優勝した大橋悠依は笑顔を見せる=東京辰巳国際水泳場(代表撮影)

女子400メートル個人メドレー決勝、優勝した大橋悠依は笑顔を見せる=東京辰巳国際水泳場(代表撮影)【拡大】

 25メートルプールで争う競泳の日本短水路選手権は17日、東京辰巳国際水泳場で開幕し、女子400メートル個人メドレーは大橋悠依(イトマン東進)が4分24秒87で制した。

 女子400メートル個人メドレーの大橋はまずまずのタイムで優勝したが、相次ぐ故障に悩ましげだった。痛めていた股関節は回復しつつあるものの、古傷の左膝に痛みが出ているという。「うまく付き合いながら泳ぐ方法を探している」とすっきりしない表情だった。

 それでも序盤から大きなリードを奪い、最後まで隙のない圧勝だった。第一人者の貫禄を見せ「今日やるべきことはできたし、優勝できたことはうれしい」と自らを納得させるように語った。

  • 女子400メートル個人メドレー決勝、優勝した大橋悠依=東京辰巳国際水泳場(代表撮影)