2020.10.17 19:51

立命大と関大が準決勝進出 関西学生アメフト開幕

立命大と関大が準決勝進出 関西学生アメフト開幕

特集:
アメフト
第2Q QBからのボールを受けて、ランでタッチダウンを決める立命大RB立川玄明(42番)=神戸市・王子スタジアム(撮影・榎本雅弘)

第2Q QBからのボールを受けて、ランでタッチダウンを決める立命大RB立川玄明(42番)=神戸市・王子スタジアム(撮影・榎本雅弘)【拡大】

 関西学生アメリカンフットボールは17日、神戸市王子スタジアムで開幕してトーナメント1回戦2試合が行われ、立命大と関大が来月8日に同スタジアムで行われる準決勝に勝ち上がった。昨季覇者の立命大は2部から昇格の桃山学院大に36-3で快勝。関大は京大に24-16で逆転勝ちした。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、昨季までの8チームによる1回戦総当たりのリーグ戦ではなく、トーナメント方式で開催。優勝チームが12月の甲子園ボウルに関西代表として出場する。

 昨季、立命大と両校優勝の関学大は今月18日の1回戦で同大と当たる。