2020.10.17 21:07

井上尚弥 米ラスベガスでの試合前最後のスパーリング PCR検査は陰性/BOX

井上尚弥 米ラスベガスでの試合前最後のスパーリング PCR検査は陰性/BOX

同門の松本圭佑(右)と試合前最後のスパーリングを行った井上尚弥(大橋ジム提供)

同門の松本圭佑(右)と試合前最後のスパーリングを行った井上尚弥(大橋ジム提供)【拡大】

 プロボクシングWBA、IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(27)=大橋=が17日、横浜市の所属ジムで試合前最後のスパーリングを行った。31日(日本時間11月1日)に米ラスベガスでWBA2位、IBF4位のジェーソン・モロニー(29)=オーストラリア=と防衛戦を行う。

 同門の松本圭佑(21)と3ラウンド拳を交え、「最後のスパーリングも納得のいく出来。今回はラスベガスで無観客という未知の世界だが、とっても楽しみでワクワクしています」とコメントした。

 父の井上真吾トレーナー(49)は「最高の練習を積み上げてきた。内容も攻撃力、防御、出入りのスピードと完璧に仕上がった。ラスベガスに入って体重調整、疲れを抜いていくだけ。スパーリングもいい出来でした」と太鼓判を押した。

 16日に受けたPCR検査の結果は陰性。18日に渡米する。

  • 18日に渡米する井上尚弥(大橋ジム提供)