2020.10.17 20:38

北京五輪代表の青木沙弥佳が引退「しっかり走り切れた」/陸上

北京五輪代表の青木沙弥佳が引退「しっかり走り切れた」/陸上

日本選手権の女子1600メートルリレー予選でラストランを終え、チームメートと健闘をたたえ合う東邦銀行の青木沙弥佳(中央)=日産スタジアム

日本選手権の女子1600メートルリレー予選でラストランを終え、チームメートと健闘をたたえ合う東邦銀行の青木沙弥佳(中央)=日産スタジアム【拡大】

 陸上女子1600メートルリレーで2008年北京五輪に出場した青木沙弥佳(33)=東邦銀行=が17日、横浜市の日産スタジアムで行われた日本選手権リレーで現役引退を表明した。予選1組を2着で通過した後に「すこしさみしいけど、しっかり走り切れた」と笑顔で話した。18日の決勝は出場しない。

 2日に日本選手権の400メートル障害予選で敗退し「心残りはない」と決心したという。印象深いのは大阪で開催された2007年世界選手権。選手紹介で歓声を浴び「自分も主役になれるんだ」と感動を振り返った。

 岐阜商高、福島大で力をつけ、400メートル障害の日本学生記録を持つ。15年の1600メートルリレー日本記録樹立に貢献。世界選手権に3度出場した。