2020.10.17 21:08

マラソン代表の鈴木亜由子、記録会の女子5000メートルで1位

マラソン代表の鈴木亜由子、記録会の女子5000メートルで1位

記録会の女子5000メートルに出場し、笑顔を見せる鈴木亜由子(右から2人目)=神奈川県秦野市

記録会の女子5000メートルに出場し、笑顔を見せる鈴木亜由子(右から2人目)=神奈川県秦野市【拡大】

 東京五輪女子マラソン代表の鈴木亜由子(日本郵政グループ)が17日、神奈川県秦野市で開かれた記録会の女子5000メートルに出場し、15分57秒16で1位となった。今年初の実戦だった。

(修正前: 昨年9月に五輪代表に決まった鈴木は今年1月、米国での合宿中に右太もも裏を肉離れ。6月ごろには足先などにも違和感があり、調整を続けていた。11月22日に宮城県で開催される全日本実業団対抗女子駅伝にも出場する予定。) 昨年9月に五輪代表に決まった鈴木は今年1月、米国での合宿中に右太もも裏を肉離れ。6月ごろには足先などにも違和感があり、調整を続けていた。レース後、所属先を通じて「前半思ったようにペースが上がらなかった。まだコンディションは6割程度なので、これからしっかり練習を積みたい」とのコメントを出した。 11月22日に宮城県で開催される全日本実業団対抗女子駅伝にも出場する予定。

  • 記録会の女子5000メートルに出場し、1位となった鈴木亜由子=神奈川県秦野市
  • 記録会の女子5000メートルに出場し、1位となった鈴木亜由子(手前右)=神奈川県秦野市