2020.10.6 20:06

Bリーグ・さいたまブロンコスが深谷市と協定締結 池田代表が市長を表敬訪問

Bリーグ・さいたまブロンコスが深谷市と協定締結 池田代表が市長を表敬訪問

B3さいたまが深谷市と連携協定を締結。池田代表(左)が小島市長(右)を訪問した。中央は深谷市イメージキャラクターの「ふっかちゃん」

B3さいたまが深谷市と連携協定を締結。池田代表(左)が小島市長(右)を訪問した。中央は深谷市イメージキャラクターの「ふっかちゃん」【拡大】

 バスケットボールBリーグ3部(B3)さいたまブロンコスは6日、さいたま市に続いて埼玉県内2市目となる連携協定を深谷市と締結したと発表した。今後は深谷市総合体育館(深谷ビッグタートル)での試合開催や市民交流会の実施など、地域振興に向けた協働事業を展開していく予定。

 締結に際してこの日、プロ野球DeNA前球団社長で、B3さいたまの代表を務める池田純氏が深谷市の小島進市長を訪問。「ご縁を復活できてうれしい。深谷の未来を背負っていく子供たちに商業・経済に関わる皆さま、教育に関わる皆さま、街の皆さまと合本主義で手を取り合って盛り上げていこうと思う」と伝えると、小島市長は「深谷にとってもブロンコスは心強い存在」と応じた。

 また、B3さいたまのパートナーで、深谷市に本社を置くセイフル株式会社の岡田高和代表と、深谷市にある正智深谷高の松川聖業理事長も同席。産学官連携による地域振興を積極的に進めていくことを約束した。