2020.9.29 20:19

日本武道館が初のライトアップ「明るい社会の象徴になれば」

日本武道館が初のライトアップ「明るい社会の象徴になれば」

特集:
東京五輪競技ニュース
10月1日の供用開始を前に、ライトアップされた日本武道館=29日午後、東京都千代田区(撮影・鴨川一也)

10月1日の供用開始を前に、ライトアップされた日本武道館=29日午後、東京都千代田区(撮影・鴨川一也)【拡大】

 来夏に延期された東京五輪・パラリンピックで柔道や空手の会場となる日本武道館(東京・千代田区)の点灯式が29日、行われた。

 1964年東京五輪で柔道の会場として建設されて以来の大規模改修を実施。建物の外面にLED照明を設置し、初のライトアップ機能を取り入れた。この日、長い歴史の中で初めて点灯され、屋根にあるたまねぎの形の「擬宝珠(ぎぼし)」は金色に輝いた。

 日本武道館の高村正彦会長は「(東京大会の)道しるべになるとともに、明るい社会の象徴になれば」と願った。

 日没から午後10時まで毎日、点灯する予定。

  • 10月1日の供用開始を前に、ライトアップされた日本武道館=29日午後、東京都千代田区(撮影・鴨川一也)
  • 10月1日の供用開始を前に、ライトアップされた日本武道館の屋根と擬宝珠=29日午後、東京都千代田区(撮影・鴨川一也)