2020.9.29 12:15

南国チーム歓喜!ライトニング2度目V スタンリー・カップ/NHL

南国チーム歓喜!ライトニング2度目V スタンリー・カップ/NHL

スタンリー杯を受け取るライトニングのスタムコス(中央右)=エドモントン(AP)

スタンリー杯を受け取るライトニングのスタムコス(中央右)=エドモントン(AP)【拡大】

 北米プロアイスホッケーNHLの王者を決めるスタンリー・カップ決勝(7回戦制)は28日、カナダのエドモントンで第6戦が行われ、東カンファレンス王者のライトニングが西の覇者スターズを2-0で下し、4勝2敗で2003~04年シーズン以来となる2度目の優勝を果たした。

 第1ピリオドのパワープレーでポイントが先制し、第2ピリオドではコールマンが加点した。

 南国フロリダ州に本拠を置くライトニングに、歓喜の瞬間が訪れた。第1ピリオドにFWポイントが自らのシュートの跳ね返りを押し込んで先制。第2ピリオドに追加点を挙げると、GKバシレフスキーの好セーブも光り決勝6試合目で初めてスターズを完封した。

 昨季は優勝候補の本命としてプレーオフに臨んだが、1回戦で敗退。プレーオフ最優秀選手(MVP)に輝いたDFヘドマンは「多くの感情があって言葉にならない」と喜んだ。(共同)

  • スターズ戦で得点を喜ぶライトニングのポイント(左)=エドモントン(AP)