2020.9.26 14:20

山田恵里「一日一日を大切に」東京五輪開幕まで300日/ソフト

山田恵里「一日一日を大切に」東京五輪開幕まで300日/ソフト

特集:
東京五輪競技ニュース

 ソフトボール・女子日本リーグ(26日、愛知・刈谷球場)第7節が行われ、日立はビックカメラ高崎に2-6で敗れた。日本代表で主将を務める日立の山田恵里(36)は「4番・中堅」で先発出場。1-6の六回、2死三塁で右中間へ適時二塁打を放つなど2安打1打点。調子の良さをうかがわせた。

 「常にいい状態をキープできている。結果につながってよかった」

 この日で東京五輪開幕まで300日となった。金メダル獲得が期待されるソフトボール。チームをけん引する主将は「300日はあっという間。一日一日を大切にしていきたい」と見据えた。

 日立はこの日、エースの上野由岐子ら日本代表を8人擁するビックカメラ高崎に大敗。山田は「リーグ戦のレベルが高いので、そこで勝つことを考えていく」と力を込めた。2008年北京五輪以来の金メダル獲得へ、日本代表が真剣勝負で互いを高めあう。