2020.9.25 20:01

阪神ファンの山本恵理、やじに“憧れ”?! 「愛されている証し」/パラパワーリフティング

阪神ファンの山本恵理、やじに“憧れ”?! 「愛されている証し」/パラパワーリフティング

パラパワーリフティングで東京パラリンピック出場を目指す山本恵理がオンラインでダイバーシティーなどについて講演した。(日本財団パラリンピックサポートセンター提供)

パラパワーリフティングで東京パラリンピック出場を目指す山本恵理がオンラインでダイバーシティーなどについて講演した。(日本財団パラリンピックサポートセンター提供)【拡大】

 パラパワーリフティング女子55キロ級の日本記録保持者で、東京パラリンピック出場を目指す山本恵理(37)=日本財団パラリンピックサポートセンター=が25日、NEC(日本電気株式会社)社員を対象とした講演会をオンラインで開催した。障害者の“リアル”を当事者から学ぶ研修プログラム「あすチャレ!Academy」の一環で、街中で困っている障害者へのサポートの方法などを説明した。

 先天性の二分脊椎症により、車いすで生活する山本は「足が動かないことは私にとって障害ではない。目の前に階段があったとして、その壁を越えるための選択肢が少ないときに障害だと感じる。困っている人がいたら声をかけて、あなたが誰かの選択肢になってほしい」と呼びかけた。

 来夏には東京でパラリンピックが開催される。パラスポーツを観戦する際の注意点を問われると「パラだからと考えずに楽しんでほしい」と回答。大の阪神ファンだという山本は「愛されている証し」とやじを“歓迎”する。「パラでやじを飛ばされたら本物。やじを飛ばされる選手になりたい」と笑顔を見せた。

 「元気マックス、パワーマックス」。「マック」の愛称を持つ37歳が来夏、東京大会の会場である東京国際フォーラムで応援を力に変える。