2020.9.18 18:54

福島、江村との激戦を制すし決勝へ「自分がすることだけを考えていた」/フェンシング

福島、江村との激戦を制すし決勝へ「自分がすることだけを考えていた」/フェンシング

女子サーブル準決勝で江村美咲(右)を破り、決勝進出を決めた福島史帆実=駒沢体育館

女子サーブル準決勝で江村美咲(右)を破り、決勝進出を決めた福島史帆実=駒沢体育館【拡大】

 フェンシングの全日本選手権個人戦第2日は18日、東京・駒沢体育館で行われ、女子サーブルで25歳の福島史帆実は、準決勝で3連覇を目指した江村美咲との激戦を制した。終盤の連続得点で逆転して逃げ切り「勝ちを意識しすぎず、点を取られても自分がすることだけを考えていた」と声を弾ませた。

 従来大会よりも出場人数や試合数が限られるため「いつもより緊張した」というが、一気に前に出る攻撃と相手の剣を止めてから反撃するバランスがさえた。26日の決勝では、初優勝した2016年以来の頂点に挑む。