2020.9.15 17:13

【一問一答】錦織、全米Vの大坂を絶賛「彼女が打ち負ける選手はいない」/テニス

【一問一答】

錦織、全米Vの大坂を絶賛「彼女が打ち負ける選手はいない」/テニス

特集:
大坂なおみ
錦織圭
男子シングルス1回戦で勝利した錦織圭=ローマ(ゲッティ=共同)

男子シングルス1回戦で勝利した錦織圭=ローマ(ゲッティ=共同)【拡大】

 テニス・イタリア国際(14日、ローマ)開幕し、男子シングルス1回戦で世界ランキング35位の錦織圭(30)=日清食品=が44位のアルベルト・ラモス(32)=スペイン=を6-4、7-6で退けた。右肘手術と新型コロナウイルス感染を経た復帰2戦目で、昨年8月の全米オープン2回戦以来約1年ぶりの勝利となった。錦織との一問一答は以下の通り。

 --勝った瞬間は

 「うれしかったけど、マッチポイントをなかなか取り切れず、最終セットに行く可能性もあったのでほっとしたところが大きかった」

 --この1年間はけがなどに苦しんだ

 「数カ月間プレーができず、自分のテニスのリズムや感覚を失った。まだ納得のいくテニスはできていないが、その中でも勝つことが自信になる」

 --収穫は

 「まだ確率は低いが、サーブはかなり良くなった。前(ネット)に出たら高確率でポイントは取れていたので、ああいうプレーは続けたい」

 --大坂が全米オープンを再び制した

 「打ち合いがすさまじかった。今の女子で彼女が打ち負ける選手はいないんじゃないか。精神力もコントロールでき、いろんな感情に打ち勝って優勝するというのは、普通の人にはない感覚。すごいなと単純に思う」