2020.8.29 05:02

池江璃花子、29日実戦復帰!「待ち望んでいたレース」ネットでライブ配信も/競泳

池江璃花子、29日実戦復帰!「待ち望んでいたレース」ネットでライブ配信も/競泳

特集:
池江璃花子
7月に練習を公開した池江。復帰レースを心待ちにした

7月に練習を公開した池江。復帰レースを心待ちにした【拡大】

 白血病で長期休養していた競泳女子の池江璃花子(20)=ルネサンス=が29日に東京都特別大会(東京辰巳国際水泳場)で、約1年7カ月ぶりに実戦復帰する。28日にマネジメント会社を通じてコメントを発表し、10月に開催が予定されている日本学生選手権(インカレ)の参加標準記録突破を目標に掲げた。

 「この数カ月間練習してきた今の自分の実力を確認する場と考えています。目標はインカレの参加標準記録、26秒8を切ること。待ち望んでいたレースなので、競技者として競う気持ちを大切にしながら楽しみたい」

 池江は昨年2月から12月まで入院し、今年3月にプールでの練習を再開。自身が24秒21の日本記録を保持する50メートル自由形でインカレに個人種目で出場するため、参加標準記録の突破を狙う。

 「不安な毎日が続いているので、病気と闘っている方やいつも応援してくれる方々に、私のレースを見てポジティブな気持ちを持ってもらえたら。私自身も楽しみ」。新型コロナウイルスの感染拡大が収まらないなか、率直な思いも吐露。まずは復活への第一歩を刻む。(角かずみ)

 ◆競泳・東京都特別大会

 ★大会方式 東京都水泳協会の独自大会。今月下旬から小、中、高、シニアの4部門に分かれ、東京辰巳国際水泳場で無観客開催される。全種目タイムレース決勝(予選なし)で、選手は1日1種目1本のみ泳ぐことができる。

 ★キャピタルメディカ社の協力 民間病院のコロナ病棟開設、運用のコンサルティングを請け負うなど知見を蓄える会社が協力し、今大会専用のガイドラインを策定。

 ★人数制限 どの時間帯にも会場内の人数を1000人以下とする。出場種目によって選手には入場、退館時刻を定め、午前と午後で選手、競技役員をすべて入れ替える。

 ★マスク、消毒 招集所ではマスク着用。スタート台に触れる際は、手指の消毒を設定した。会場内での食事は原則禁止。

 ★LIVE配信 今大会は東京都水泳協会公式のかわずちゃんねる(https://www.youtube.com/channel/UCKXDgeqAtqJwupKbIJStFKQ)でLIVE配信される。