2020.8.10 18:34

相撲協会、力士の抗体検査は17日から開始

相撲協会、力士の抗体検査は17日から開始

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は10日、力士全員に実施予定の新型コロナウイルス感染歴などを調べる抗体検査を17日から開始すると明らかにした。同検査は大相撲7月場所開催への活用のために5月から6月にかけて行われ、力士や親方ら協会員約900人のうち5人に抗体が見つかった。

 10日から秋場所(9月13日初日・両国国技館)に向けて稽古を再開する部屋も多く、芝田山部長は「手洗い、うがいと密集したところに行かない。一人一人が気をつけて、自分自身に緊急事態宣言を出すくらいに日々を送らないと」と予防の徹底を促した。出稽古の解禁は31日の秋場所番付発表後に検討する方針。