2020.8.2 22:22

懸賞総本数は1000本 相撲協会が発表/7月場所

懸賞総本数は1000本 相撲協会が発表/7月場所

 大相撲7月場所千秋楽(2日、両国国技館)日本相撲協会は大相撲7月場所千秋楽の2日、15日間の懸賞総本数は1000本だったと発表した。新型コロナウイルスが経済に影響を与える状況で場所前は1200本ほどが見込まれたが、白鵬、鶴竜の両横綱らの途中休場もあり数を減らした。

 史上初の無観客開催だった3月の春場所は1068本、東京開催で1月の初場所は1835本だった。過去最高は2018年秋場所の2160本。

千秋楽結果へ