2020.8.2 21:22

正代、またも初V届かず「悔いは全然残っていない」/7月場所

正代、またも初V届かず「悔いは全然残っていない」/7月場所

押し出しで朝乃山に敗れた正代=両国国技館(撮影・加藤圭祐)

押し出しで朝乃山に敗れた正代=両国国技館(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 大相撲7月場所千秋楽(2日、両国国技館)正代はまたも初優勝に届かなかった。目の前で照ノ富士が優勝を決め、結びの一番では朝乃山に完敗。「残念。でも思い切りいった結果なので、悔いは全然残っていない」と潔く話した。

 照ノ富士が敗れ、自分が勝てば御嶽海との三つどもえの優勝決定戦だった。1月の初場所でも千秋楽に1差で追う徳勝龍に逃げ切られ、賜杯は視界に入りながらも遠い。ただ4場所連続勝ち越しの11勝で大関候補へ名乗りを上げた。28歳の実力者は「結果が良くなっている。その日一番の立ち合いができれば、もっと勝率が上がる」と早くも来場所を見据えた。

千秋楽結果へ