2020.8.2 07:30

【藤島親方のこの一番】照ノ富士は気持ちの切り替えポイント

【藤島親方のこの一番】

照ノ富士は気持ちの切り替えポイント

照ノ富士(手前)は正代に寄り切られ、優勝争いは混戦模様となった(撮影・加藤圭祐)

照ノ富士(手前)は正代に寄り切られ、優勝争いは混戦模様となった(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 大相撲7月場所14日目(1日、両国国技館)照ノ富士は左右のどちらかを差して上手を取りたかっただろうが、正代がうまく相撲を取った。結果的に照ノ富士は単独トップだが、自身の相撲は負けている。勝てば優勝を決めることができる千秋楽の御嶽海戦は、気持ちの切り替えがポイントになるだろう。

 朝乃山は小さい照強を相手に、もう少し間隔をとって見ていけばよかった。よく見すぎるとすぱっと中に入ってくるときもあるから、一気にいってやろうという考えだったのかもしれないが、星を落とせない相手で硬くなっていたのではないか。照ノ富士が目の前で負けた影響もあっただろう。

 本来は上位と当たる番付ではない照ノ富士が、優勝が懸かるため上位との対戦が組まれ、千秋楽は面白い取組になった。(元大関武双山)

14日目結果へ千秋楽取組へ