2020.8.2 22:20

柔道大野、友人の照ノ富士Vに歓喜「これからが怪物復活の幕開けだ」

柔道大野、友人の照ノ富士Vに歓喜「これからが怪物復活の幕開けだ」

2度目の優勝を決め、懸賞金を受け取る照ノ富士=両国国技館

2度目の優勝を決め、懸賞金を受け取る照ノ富士=両国国技館【拡大】

 来年の東京五輪で2連覇を目指す柔道男子73キロ級の大野将平(旭化成)は2日、大相撲7月場所千秋楽で復活優勝を果たした友人の幕内照ノ富士に「これからが怪物復活の幕開けだ」と喜んだ。

 5年以上前から親交がある2人はジムで一緒にトレーニングをする間柄。大相撲に詳しい大野は優勝が懸かった大一番を奈良県天理市内の自宅でテレビ観戦し「立ち合いの瞬間に『勝った。行け!』と声が出た。盤石の相撲。眼光の鋭さは試合の時の僕と似ている」と興奮気味にたたえた。

 28歳の王者は現在の世情にも照らし合わせ、感慨を深める。「多くの人が新型コロナウイルスの影響を受ける中、病気やけがなど全てを乗り越えた彼が優勝したことに大きな意味がある。ストーリーを感じる」と言葉に力を込めていた。