2020.8.1 20:45

正代、初Vへ望み「思い切り前に出ようと。それだけに集中」/7月場所

正代、初Vへ望み「思い切り前に出ようと。それだけに集中」/7月場所

寄り切りで照ノ富士を下した正代=両国国技館(撮影・加藤圭祐)

寄り切りで照ノ富士を下した正代=両国国技館(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 大相撲7月場所14日目(1日、両国国技館)正代は自力で、首位の照ノ富士との差を1に縮めた。初優勝へ望みをつなぎ「中途半端に当たって持っていかれるぐらいなら、思い切り前に出ようと。それだけに集中した」と胸を張った。

 照ノ富士に強く当たり、浅いもろ差しで走る。こらえた元大関をいなすと、体勢を崩した相手に突進。もろ差しとなって力強く寄り切り、感情を解き放つように勢いよくさがりを拾い上げた。

 千秋楽は同じ3敗の朝乃山と結びでぶつかる。その一つ前で照ノ富士が敗れれば、優勝決定戦に進む可能性が出てくる。いやが応にも気持ちが高ぶりそうだが「意識すると硬くなるので、頭の片隅に置くぐらいにしておく。あと1番楽しめれば」と平常心を強調した。

14日目結果へ千秋楽取組へ

  • 寄り切りで照ノ富士を下した正代=両国国技館(撮影・加藤圭祐)