2020.7.29 05:06(1/2ページ)

田子ノ浦親方、夜に外出泥酔 眠っている写真ネット流出…阿炎に続き相撲界また不適切行動

田子ノ浦親方、夜に外出泥酔 眠っている写真ネット流出…阿炎に続き相撲界また不適切行動

阿炎に続いて田子ノ浦親方までも…。不適切な行動を非難する声が高まっている

阿炎に続いて田子ノ浦親方までも…。不適切な行動を非難する声が高まっている【拡大】

 大相撲の田子ノ浦親方(44)=元幕内隆の鶴=が、不要不急の外出禁止などを求めた新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインに反し、夜に外出して飲食をしていたことが28日までに分かった。東前頭5枚目阿炎(26)が場所前と7月場所開催中に外出して会食していたことが発覚し、今場所中は自宅謹慎となったばかり。弟子を指導監督する立場にある、部屋持ち師匠の不適切行動に波紋が広がる。

 力士だけでは、なかった。弟子らの体調管理に気を配り、指導監督する立場にある部屋持ち師匠の田子ノ浦親方が夜に外出、飲食していたことが発覚した。

 関係者によると、泥酔して眠っている様子の写真がネットに流れたことを受けて、日本相撲協会・鏡山危機管理部長(62)=元関脇多賀竜=が27日に同親方を呼び、厳重に注意した。田子ノ浦親方はこの日、抗原検査を受けて陰性だったが、きょう29日も再び同検査を受けるという。

 1月の初場所以来、観客を動員して開催された7月場所では、7日目から休場した阿炎と部屋の違う休場中の幕下以下の力士が場所前と場所中に外出し、複数人と同席して会食したことが露見。ともに接待を伴う「夜の店」とされる飲食店だったことから、阿炎は今場所中、自宅謹慎とされたばかり。

 芝田山広報部長(57)=元横綱大乃国=によれば、田子ノ浦親方の飲食は接待を伴う「夜の店」ではなかったが、関係者によると、かなりの深酒だったとされる。外食した時期は「本人が場所中かどうか、わからないといっている。写真があるのなら、わかりそうなもんだけど」と不明瞭な返答に首をかしげた。

【続きを読む】