2020.7.11 13:11

やくみつる氏、中川部屋閉鎖 弟子の録音報道に「時代は変わったな」

やくみつる氏、中川部屋閉鎖 弟子の録音報道に「時代は変わったな」

やくみつる氏

やくみつる氏【拡大】

 大相撲の中川部屋が閉鎖される方向であることが11日までに、日本相撲協会関係者の話で分かった。師匠の中川親方(54)=元幕内旭里、本名増田憲治、大阪府出身=による弟子への不適切な指導が原因とみられ、13日の協会臨時理事会で師匠の懲戒処分とともに協議される。

 11日放送のTBSラジオ「土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送」(土曜前9・0)では、この話題を紹介。漫画家のやくみつる氏(61)は話を振られたが、中川部屋は全親方の中で一番情報がない部屋だとして、「本来、私がウンチクを語らなければならないところなんですが…」とコメントに困った様子。

 ただ、一部の報道で、中川親方の暴言を録音している弟子がいると報じられていることについては「これがまた時代が変わったな。以前、私が暴力沙汰の再発防止の件で委員会に招へいされたときに、お弟子さんたちが意見を協会に上げられるようなシステム、極端な話、投書箱みたいなものを置いたらどうですか、みたいのが出たんですが」と振り返った上で、「そんなことをするまでもなく、弟子たちがちゃんと録音しているものを残しているという。時代は変わってきつつあるな。なかなかご指導も大変だろうと思いますけど、ちょっとビックリしました」と弟子の対応に驚きを隠せなかった。