2020.7.11 08:43

元キックボクシングの兼子ただし氏、ランニング指導をするストレッチスタジオをオープン

元キックボクシングの兼子ただし氏、ランニング指導をするストレッチスタジオをオープン

「SSS青山Run×stretch」をオープンさせた兼子ただし氏=東京都内

「SSS青山Run×stretch」をオープンさせた兼子ただし氏=東京都内【拡大】

 新日本キックボクシング元日本フェザー級2位でストレッチトレーナー、兼子ただし氏(48)が東京・南青山にランニングステーション併設のストレッチ専門スタジオ「SSS青山Run×stretch」をオープンさせた。

 兼子氏はストレッチ専門スタジオ、SSS(スリーエス)の代表取締役。早大大学院スポーツ科学研究科では修士号を取得し、姿勢改善と呼吸筋活動などの関係性を検証した。テレビの情報番組などでは柔軟性向上、ダイエット効果などがあるストレッチを紹介している。

 同スタジオでは専門知識を習得したスタッフがストレッチを施し、その後ランニングを指導。姿勢改善や柔軟性を向上させながら、疲れにくくひざなどに負担のかからない走法を学ぶことができる。

 兼子氏は現役時代、ひざのじん帯を断裂。リハビリ中、ひざに負担のかからない走法を知り、ランニングの魅力に開眼。その後はフルマラソンを含むアイアンマンレースに挑戦するほどになった。

 兼子氏はコロナ禍もあり「市民の健康への意識がさらに高まっている」と指摘。「循環器系、呼吸系、筋肉系をバランスよく鍛えて、性別や年齢問わず、『私でも走ることができる』という喜びを実感してもらえたら」と話していた。