2020.7.8 07:30(1/3ページ)

【TOKYO2020カウントダウン】AS“新しい様式”で再出発 乾主将「五輪への思い強くなった」

【TOKYO2020カウントダウン】

AS“新しい様式”で再出発 乾主将「五輪への思い強くなった」

18年ジャカルタ・アジア大会でデュエット・フリールーティンを演技する乾(右)と吉田。乾が日本を引っ張る

18年ジャカルタ・アジア大会でデュエット・フリールーティンを演技する乾(右)と吉田。乾が日本を引っ張る【拡大】

 新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京五輪に関連する選手や、気になる事象を掘り下げる連載(随時掲載)。アーティスティックスイミング(AS)日本代表主将の乾(いぬい)友紀子(29)=井村ク=がこのほどサンケイスポーツのオンラインインタビューに応じ、先月20日に代表合宿を81日ぶりに再開したことを報告。メダル獲得に向け、練習時間の短縮など“新しい様式”を取り入れて再出発した。(取材構成・角かずみ)

 「こんなに長い間、会えなくなるとは思っていなかった」

 6月20日、AS日本代表の練習拠点、東京・北区の国立スポーツ科学センター(JISS)で、乾ら代表内定選手8人が81日ぶりに集合した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月31日に代表チームは解散し、関西と関東に分かれての個別練習が続いていた。乾は仲間との約3カ月ぶりの再会を喜んだ。

 「(久しぶりに会って)すごく活気があって、全員で練習ができるありがたみを感じた。今回の事態を乗り越えたことで、今までより五輪に対する思いが強くなった」

 井村雅代コーチ(69)の指導の下、猛練習で知られるASの合宿はコロナ禍で一変した。代表合宿は、ウイルスの感染拡大を防止するために策定されたガイドラインに沿って実施された。期間は制限され、6月25日までのわずか6日間。練習時間も午前、午後3時間ずつにとどまった。コロナ禍前の合宿と比べ、ほぼ半減という短さだ。現在は今月3日から始まった第2回の合宿中だ。

【続きを読む】

  • 乾らが自粛期間中に作った鮭弁当。井村コーチの分もある(本人提供)