2020.6.30 16:19

比嘉大吾、今後バンタム級を主戦場に 将来的な井上尚弥との対戦は?/BOX

比嘉大吾、今後バンタム級を主戦場に 将来的な井上尚弥との対戦は?/BOX

リモート会見を行った比嘉大吾(左)と野木丈司トレーナー

リモート会見を行った比嘉大吾(左)と野木丈司トレーナー【拡大】

 プロボクシング元WBC世界フライ級王者の比嘉大吾(24)が30日、ウェブ上で会見を開き、この日からAmbitionジム(東京・渋谷区)所属となることを発表した。主戦場はバンタム級で、年内2戦を目指して次戦は9月か10月に行いたい意向。

 主戦場とする階級を聞かれた比嘉は「一応、バンタム級で考えています」と答えた。同じ階級にWBA、IBF世界同級統一王者の井上尚弥(27)=大橋=がいることについては「いますね。(避けては通れない?)そうですね」と話した。井上尚弥戦について「イメージしていないですね。今はやっても、というのがあるので、これからまた試合をやって練習を積み重ねて、自信になってくるとは思いますけど」とした。

 会見に同席した野木丈司トレーナーは「今すぐ(闘う)っていうのは本当にちょっと考えにくいんですが、いずれ立ちはだかる壁として、尚弥くんがバンタムに留まった場合ですね。どういう風に闘うかっていうのは頭の中で考えています」と“モンスター”攻略法を考えていることを明かした。

 「あと大吾が3、4戦やってみて、そこでですね。少なくとも世界タイトルをいくつか持っていないと、できないと思っています。それが資格だろうと思います」と井上と対戦するためには統一戦しかないとの見解を示した。