2020.6.27 12:38

米クレムゾン大、アメフト部員37人が新型コロナ感染

米クレムゾン大、アメフト部員37人が新型コロナ感染

特集:
アメフト

 米スポーツ専門局ESPN(電子版)は26日(日本時間27日)、アメリカンフットボールの強豪校として知られるクレムゾン大学で、新たに14人のアメフト部員が新型コロナウイルスの検査で陽性と診断されたと報じた。同大学では今月すでに23人の同部員の同ウイルス感染が判明、その数は計37人に膨れ上がった。

 記事は「新たに14人のフットボール選手が陽性反応を示しその数は計37人となり、アメフト全部員の約1/3の感染が判明した。クレムゾン大学では今月1日から検査を開始し、これまで 430人中フットボール部員を含め計47人の同ウイルス感染が判明した」と伝えた。

 そのうちフットボール選手23人を含む28人が、すでに10日間の隔離生活を終えたという。同校によると、そのうち半数の生徒に症状が出たが、この日までに入院した生徒はいないという。

 同校のあるサウスカロライナ州では同ウイルス感染者が増加傾向にあり、この日は同州で1日の感染者としては2番目に多い1273人の新たな感染者が報告された。