2020.6.24 08:00(4/4ページ)

【ポケモンGO第2次調査隊がゆく】プロフィギュアスケーター・本田武史隊長、“ポケモン博士”の息子に導かれ華麗に復帰!一緒にバトル

【ポケモンGO第2次調査隊がゆく】

プロフィギュアスケーター・本田武史隊長、“ポケモン博士”の息子に導かれ華麗に復帰!一緒にバトル

特集:
ポケモンGO第2次調査隊がゆく
LOVEフィギュアスケート
現役時代の本田隊長(右)。ジャパンインターナショナルチャレンジ2005を制した(左は高橋大輔)

現役時代の本田隊長(右)。ジャパンインターナショナルチャレンジ2005を制した(左は高橋大輔)【拡大】

 ◆ポケモンGO用語解説

 レイドバトル(※1)マップ上にタワーのように表示されている「ジム」上にタマゴが出現し、ボスポケモンが現れる。レイドパスを使用すると参加でき、トレーナーは協力して戦う。勝利すると捕獲するチャンスを与えられる。
 レイドアワー(※2)特定のポケモンが通常よりも多くレイドバトルに出現するイベント。24日と7月1日は午後6時から1時間、『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』の舞台である「イッシュ」地方で発見された、こくいんポケモン「ゼクロム」が現れる。レイドパスがあれば短時間での連戦が可能。確実に倒すため、グループで参戦するトレーナーも多い。
 タマゴ(※3)ポケストップから手に入り、「ふかそうち」に入れて一定距離を歩くとポケモンがかえる。2キロ、5キロ、7キロ、10キロの4種類あるが、現在は必要な距離が半分。
 フレンド(※4)トレーナー同士でポケモンの交換などが可能になる機能。「道具」などが入ったギフトのやりとりなどをすることで、5段階(知り合い、友達、仲良し、親友、大親友)の仲良し度がアップする。先週からステッカーを貼ってギフトを送ることができるようになった。

  • お気に入りのポケモン「ミュウツー」を抱えた本田隊長が、関大アイスアリーナのリンクで力強くポーズを決めた(本人提供)
  • 公園で長男と遊ぶ本田隊長。ポケGOでは助言されることも多いという(撮影・門井聡)
  • 公園で長男と遊ぶ本田隊長。ポケGOでは助言されることも多いという(撮影・門井聡)