2020.6.24 08:00(3/4ページ)

【ポケモンGO第2次調査隊がゆく】プロフィギュアスケーター・本田武史隊長、“ポケモン博士”の息子に導かれ華麗に復帰!一緒にバトル

【ポケモンGO第2次調査隊がゆく】

プロフィギュアスケーター・本田武史隊長、“ポケモン博士”の息子に導かれ華麗に復帰!一緒にバトル

特集:
ポケモンGO第2次調査隊がゆく
LOVEフィギュアスケート
公園で長男と遊ぶ本田隊長。ポケGOでは助言されることも多いという(撮影・門井聡)

公園で長男と遊ぶ本田隊長。ポケGOでは助言されることも多いという(撮影・門井聡)【拡大】

 ◆本田隊長の近況

 普段はアイスショーで全国を回っている本田さんだが、新型コロナ感染拡大の影響で年内は出演予定だったショーが全て中止。現在は「ほぼ毎日レッスンをしている」という。感染防止対策として、関大アイスアリーナ内でコーチ陣はマスク着用。1回の練習で氷上に立つのは20人までで、更衣室は使用禁止になっているという。本田真凜の日本滞在中の指導は来季も行う予定だ。

 ◆「ギフト」で思い出も届く

 本田隊長は、故郷の福島に住む兄や現役時代に暮らしていたカナダの友人とは「フレンド(※4)」になっており、「ギフト」の交換をしている。「ギフトを開くと、昔よく遊んだ場所や、住んでいた場所を思い出します」。ギフトと一緒に届く写真を眺めて、懐かしんでいる。コロナ禍前はアイスショー出演などで全国や海外を飛び回る生活。名所でのポケストップ探しが息抜きだ。

取材時のデータ

【レベル】36【チーム】ミスティック(青)【始めた日】2016年7月22日【トータルXP】840万5567【バトル勝利数】490【歩いた距離】3650キロ【捕まえたポケモン】1万2547

本田 武史(ほんだ・たけし)

 1981(昭和56)年3月23日生まれ、39歳。福島・郡山市出身。7歳でショートトラックを始め、8歳でフィギュアスケートに転向した。東北高-法大中退。全日本選手権は14歳での史上最年Vを含む6度優勝。五輪は史上最年少の16歳で出場した98年長野大会15位、2002年ソルトレーク大会4位入賞。世界選手権は、02、03年に銅メダル獲得。引退後はプロフィギュアスケーターや解説者として活動する一方、指導者として関大アイスアリーナで後進の育成にも力を注ぐ。家族は妻と2女1男。

【続きを読む】

  • お気に入りのポケモン「ミュウツー」を抱えた本田隊長が、関大アイスアリーナのリンクで力強くポーズを決めた(本人提供)
  • 公園で長男と遊ぶ本田隊長。ポケGOでは助言されることも多いという(撮影・門井聡)
  • 現役時代の本田隊長(右)。ジャパンインターナショナルチャレンジ2005を制した(左は高橋大輔)