2020.5.24 19:54

為末大氏、木村花さんの死に「自分が間違えていたなと思うことがあった」

為末大氏、木村花さんの死に「自分が間違えていたなと思うことがあった」

為末大氏

為末大氏【拡大】

 陸上男子400メートル障害の世界選手権銅メダリストで、五輪3度出場の為末大氏(42)が24日、日本テレビ「真相報道バンキシャ!」(日曜後6・0)にリモート出演。SNSにおける情報発信のルール作りを提言した。

 番組では23日に22歳で亡くなったプロレスラー、木村花さんの訃報を取り上げ、出演していたフジテレビ系の恋愛リアリティ番組「テラスハウス」での木村さんの振る舞いに対しネット上で誹謗中傷が多数あったことなどを紹介した。

 これについて為末氏は、「すごく、この件で自分が間違えていたなと思うことがありまして」と切り出すと「そういう意見(誹謗中傷)は見ないことにして、(受け取る側が)強くなるべきなんだって思っていたんですよ」と話した。

 為末氏は続けて「それは強さって言うよりも、心を殺しちゃっているような話で、(心が)弱い人と言うよりは優しい人がSNSでやっていくのはすごく難しい状況になっている」と語り、「優しさを持っている人もちゃんとやっていけるように、ルールをみんなで作っていくべきじゃないかというふうに思っています」と訴えた。