2020.4.7 15:57

学生馬術V古野らが入所 ボートレーサー目指す

学生馬術V古野らが入所 ボートレーサー目指す

 ボートレースの選手を育てるボートレーサー養成所の入所式が7日、福岡県柳川市で行われ、日大馬術部の主将を務め全日本学生選手権で優勝経験もある古野博人ら、51人の第128期選手養成員が新生活をスタートさせた。

 倍率約20倍の難関を突破した養成員は、厳しい訓練や試験が待ち構える。22歳の古野は「競い合うのは好き。まずはヤマトチャンプ(修了記念競走1位)を目指す」と意気込んだ。例年の入所式には計300人ほどが出席するが、今回は新型コロナウイルス感染拡大防止のため出席者を役員と入所生に限定して開かれた。