2020.4.1 05:01

国際競技連盟、東京五輪・パラの新日程賛同

国際競技連盟、東京五輪・パラの新日程賛同

特集:
東京五輪競技ニュース

 【ジュネーブ30日(日本時間31日)】来年に延期が決まった東京五輪・パラリンピックの新日程について、国際オリンピック委員会(IOC)は国際競技連盟(IF)と臨時電話会議を開き全会一致の賛同を得た。IOCのバッハ会長は「前例のないことだが、非常に大きなチャレンジだ。新日程の五輪には確信がある」とする談話を発表した。

 出席者によると、バッハ会長が来年7月23日開幕・8月8日閉幕の東京五輪、同24日開幕・9月5日閉幕のパラリンピックの新日程について賛否を各IFに確認し、全33団体が賛成した。

 IOCは最大2年間に制限してきた予選実施期間の緩和を認める方針などをIFに通達。今後、IOCと大会組織委員会は合同の作業部会で会場確保や追加費用負担などの懸案に取り組む。