2020.3.31 19:42

全柔連、4月末まで練習自粛要請 高校生以下に

全柔連、4月末まで練習自粛要請 高校生以下に

 全日本柔道連盟は31日、新型コロナウイルスの感染対策として高校生以下に対し、4月末まで道場などにおける集団での練習自粛を要請した。

 自粛期間終了後も練習開始前の検温、37度5分以上の発熱やせきなどの症状、嗅覚や味覚障害がある生徒には練習をさせないなどの基準も示した。4月末までに予定されている大会は中止や延期を求めた。

 金野潤強化委員長によると、強化指定選手には出身大学以外での稽古を控えるよう通達したという。自身が監督を務める日大が活動を一時中止するなど各大学でも自粛が広がりつつあり「練習が非常にやりにくい状態になってきている」との認識を示した。