2020.3.31 20:34

森と堺の代表権は維持 全日本など6月末まで大会開催見送り/体操

森と堺の代表権は維持 全日本など6月末まで大会開催見送り/体操

森ひかる

森ひかる【拡大】

 日本体操協会は31日、東京都内で臨時常務理事会を開き、トランポリン男子の堺亮介(星稜ク)と女子の森ひかる(金沢学院大ク)の東京五輪代表権の維持を決定した。

 また、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて6月末までの主催大会の開催見送りも決めた。4月の全日本選手権や5月のNHK杯などは五輪代表選考を兼ねて開催予定だった。10月以降の実施を検討する。五輪の延期により代表選考方式は見直す方針。