2020.3.31 17:58

6月日本選手権での代表選考見送りも 五輪新日程決定受け/陸上

6月日本選手権での代表選考見送りも 五輪新日程決定受け/陸上

 日本陸連の麻場一徳強化委員長が31日、東京都内で取材に応じ、東京五輪の代表選考を兼ねて開催を予定する今年6月の日本選手権について「来年7月が五輪となると、今年の日本選手権が最終選考会になるとは考えにくい」と私見を述べた。

 延期となった五輪の新日程は、来年7月23日開幕で決定。麻場委員長は今年の日本選手権の扱いについて、今後の強化委員会などで協議すると説明した。五輪の新日程の早期決定に関しては「(選手は)ゴールが見えて、どう歩んでいくか見定められる点で歓迎したい」と話した。

 また、日本陸連はこの日、五輪の代表選考会を兼ねて4月12日に開催する予定だった日本選手権50キロ競歩(石川県)を新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止すると発表した。50キロ競歩の代表は残り1枠で、昨秋の世界選手権覇者の鈴木雄介(富士通)と川野将虎(東洋大)が代表に決定済み。麻場委員長は内定者の権利は取り上げない意向を示しており、残り1人の選考方法は今後の強化委で協議する。