2020.3.27 18:44

相撲協会、改めてコロナ予防徹底へ 阪神・藤浪の感染受け意向示す

相撲協会、改めてコロナ予防徹底へ 阪神・藤浪の感染受け意向示す

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は27日、プロ野球阪神の藤浪晋太郎投手らの新型コロナウイルス感染判明を受け、改めて力士ら協会員に不要不急の外出自粛を求めるなど、感染予防に努める意向を示した。「人ごとではないと感じる。プロ選手の感染判明はやはり影響力が大きい。厳しい環境に置かれつつあることを認識している」と話した。

 協会員には特に今週末は外出しないように通達。引き続き手洗い、うがいの励行を促しており「なかなか新たな対策は取れない。注意喚起をしてきたので、徹底してもらいたい」と述べた。

 相撲協会は春場所を史上初の無観客で実施した。夏場所(5月10日初日・両国国技館)開催は不透明で、政府の対応などを踏まえて判断する。