2020.3.27 05:00

前橋市、南スーダン選手への支援継続

前橋市、南スーダン選手への支援継続

南スーダンの国旗を手に選手たちと記念撮影する前橋市の山本龍市長ら

南スーダンの国旗を手に選手たちと記念撮影する前橋市の山本龍市長ら【拡大】

 東京五輪・パラリンピックの1年延期を受け、前橋市は26日、内戦で疲弊した自国で十分なトレーニングができないことから、同市内で長期の事前キャンプをしている南スーダン選手団への支援を7月まで継続すると発表した。

 選手団の練習拠点で記者会見した山本龍市長は、それ以降の対応は同国のオリンピック委員会など関係機関と協議するとした上で「来年の本番までの継続的なキャンプを応援したい」と話した。選手団は、陸上競技の五輪選手3人とパラリンピック選手1人、コーチ1人の計5人。昨年11月中旬に来日した。