2020.3.25 19:54

伊勢ケ浜理事が審判部長 荒磯親方は記者クラブ担当

伊勢ケ浜理事が審判部長 荒磯親方は記者クラブ担当

 日本相撲協会は25日、エディオンアリーナ大阪で理事会と年寄総会を開き、23日に続投が決まった八角理事長(元横綱北勝海)による新体制での職務を決め、理事に復帰した伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は審判部長に就任し、新任の花籠理事(元関脇太寿山)は教習所長に就いた。

 執行部では、ナンバー2の事業部長に尾車理事(元大関琴風)、広報部長は芝田山理事(元横綱大乃国)、危機管理部長に鏡山理事(元関脇多賀竜)、巡業部長は春日野理事(元関脇栃乃和歌)がいずれも留任した。

 昨年1月に現役を引退した荒磯親方(元横綱稀勢の里)は記者クラブ担当に配属。佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)と入間川親方(元関脇栃司)が役員待遇となり、ともに巡業部副部長となった。