2020.3.25 10:54

大関朝乃山が誕生「尊敬される、目標とされる大関に」

大関朝乃山が誕生「尊敬される、目標とされる大関に」

大関昇進の伝達を受けた朝乃山 左は高砂親方=25日、大阪市中央区(撮影・恵守乾)

大関昇進の伝達を受けた朝乃山 左は高砂親方=25日、大阪市中央区(撮影・恵守乾)【拡大】

 日本相撲協会は25日、大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で大相撲夏場所(5月10日初日・両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、東関脇朝乃山(26)=本名石橋広暉、富山県出身、高砂部屋=の大関昇進を満場一致で正式に決めた。

 相撲協会は使者として、出羽海理事(元幕内小城ノ花)と千田川審判委員(元小結闘牙)を大阪市中央区の高砂部屋宿舎に派遣し、昇進を伝達。令和初の新大関となった朝乃山は「大関の名に恥じぬよう相撲を愛し、力士として正義を全うし、一生懸命努力します」と口上を述べた。

 新大関の誕生は昨年3月の春場所後の貴景勝以来。三役を3場所で通過するのは年6場所制となった1958年以降で2番目に速く、富山県出身では太刀山(後の横綱)以来、111年ぶりの大関となった。

 朝乃山は188センチ、177キロの体を生かした右四つが得意。新型コロナウイルス感染拡大の影響で史上初の無観客開催だった春場所は11勝で、直近3場所の勝利数が昇進目安の33勝に届かない32勝だったが、正攻法の取り口を高く評価された。

朝乃山の話「(口上は)緊張した。自信を持ってやりたいと思っていた。少しずつ実感が湧いてきている。プロに入ってからの一つの夢だったが、こんなに早く大関になれると思ってなかった。尊敬される、目標とされる大関になりたい」

朝乃山の師匠、高砂親方(元大関朝潮)の話「口上は百点満点。見る見るうちに体が大きくなって、よく稽古をした。強くなればなるほど、注目度が上がる。立ち居振る舞いや、自分の行動に責任を持って(日本)相撲協会や高砂部屋の看板を背負ってほしい」

八角・日本相撲協会理事長(元横綱北勝海)の話「朝乃山の相撲っぷりは堂々としている。これからは右四つの型を磨いて、もっと気迫を前面に出し、土俵に上がったら鬼になるくらいの気持ちで、全ての生活を相撲に懸けてほしい。期待している」