2020.3.24 05:01

八角理事長を再任「公明正大な協会運営を行う」

八角理事長を再任「公明正大な協会運営を行う」

続投が決まり、記者会見する日本相撲協会の八角理事長=23日午後、東京・両国国技館

続投が決まり、記者会見する日本相撲協会の八角理事長=23日午後、東京・両国国技館【拡大】

 日本相撲協会は23日、東京・墨田区の両国国技館で評議員会と理事会を開催。評議員会で新たに選任された親方の理事10人、外部理事3人による理事会で、現職の八角理事長(56)=元横綱北勝海=の続投を全会一致で決めた。

 八角理事長は平成27年11月に急死した北の湖前理事長(元横綱)の後を受け継いでおり、実質3期目。任期は1期2年。

 八角理事長は予定していなかった記者会見を同所で行い「まずは当面の最重要課題である新型コロナウイルスへの対応を適切に行っていく。全協会員が結束を固め、公明正大な協会運営を行っていきます」と抱負を語った。

 暴力問題にも言及し「毎年研修会をやっている。繰り返し浸透するまでやりたい」と、引き続き再発防止に務めることを誓った。