2020.3.23 05:00

【藤島親方のこの一番】朝乃山、本格派四つ相撲にさらに磨きを

【藤島親方のこの一番】

朝乃山、本格派四つ相撲にさらに磨きを

貴景勝を押し倒しで破る朝乃山=エディオンアリーナ大阪(撮影・門井聡)

貴景勝を押し倒しで破る朝乃山=エディオンアリーナ大阪(撮影・門井聡)【拡大】

 大相撲春場所千秋楽(22日、エディオンアリーナ大阪)朝乃山は気迫で大関を手中にした。立ち合い貴景勝の突き放しを逆に突き返し、左からおっつけて前に前に圧力をかけ続けて押し倒した。番数こそ11番だったが、3場所二桁が続き安定感がある。横綱には連敗したものの、最後の大関戦での力強さが光った。

 常に真っ向勝負。本格派の四つ相撲で大きな可能性を秘めていて楽しみだが、上を目指すにはもう一皮むける必要がある。右からガチッと当たり、すぐ上手を取りにいくのではなく、押し込んでから取るようにすれば安定感は増す。今の相撲にさらに磨きをかけることだ。

 最後は白鵬が貫禄を見せて44度目の優勝で場所を締めくくり、横綱の責任を果たした。かつてない大変な場所だったが、無事に終えることができた。力士たちはよく頑張ったと思う。(元大関武双山)

千秋楽結果へ